CLIENT VOICE

クライアントボイス
TOP CLIENT VOICE air-closet
企業・人に本気で向き合うということ。

私たちの“チーム”として一緒にメンバーを見つけてくれる。
それがリード・イノベーションです。

BLASTを起こすLIエージェントとは?

溝口:御社から見て、リード・イノベーションのエージェントの特徴とは何でしょうか?

前川:弊社への圧倒的な理解と共感です。
世の中にはたくさん人材紹介会社がありますが、リード・イノベーションさんは、圧倒的にわれわれに対する戦略・事業理解だったり文化への共感だったりといったものが強いと感じています。
リード・イノベーションさんがご紹介してくださる方は、人間味があり、弊社のことを本当によく理解してご紹介いただきます。
面白いのが、御社経由でうちの会社に来てくれるメンバーは「転職活動がとても楽しかった」と全員言っています。これは、候補者ファーストでもあり、その方々を迎え入れる法人側ファーストであるとも思う。
両者のことを本気で考えている人材エージェントはいらっしゃらないですからね。エージェントとしての姿勢、在り方はすごく魅力的だと思っています。

溝口:ありがとうございます。仰るとおり、その部分はかなり我々は意識しています。
弊社は「全てのチームを史上最高に」というミッションを掲げ、人材・組織領域でのプロフェッショナルという在り方をとっている以上、ご紹介した人材が御社の業績に貢献できるのか、入社後きちんと活躍できるのかどうか、というのはかなり拘っています。
人となりはどうか、どんなタイプなのか、どんなことやってきたのか。候補者の方にとっても法人側にとっても、プラスに働くイメージを持てればご紹介してします。
人材紹介の世界は大きな転換期を迎えていると考えていて、今までとはもう一段深いところまでの価値創出をしなければならない。つまりただの人材紹介では価値が生まれないと思っています。
時には、候補者の方に「今のままでは難しい」だったり「今のフェーズだと紹介はできない」ということを伝えることもありますし、足りないものが見えたら候補者の意思次第ですがトレーニングもします。候補者の方にも、弊社と関わった以上、転職という機会を通じて成長のきっかけを作れたらと思っています。

リード・イノベーションからのご紹介いただいた方は、どなたも言うんです。
「楽しかった」と。

前川:リードイノベーションさんのクライアント企業の事業成長をサポートをするという拘りは、僕もひしひしと感じています。だから「転職活動楽しかった」という人が多いのでしょうね。溝口さんや御社経由の採用は印象に強く残っています。うちも会社では「9 Hearts」という行動指針を掲げているんですが、この9 Heartsの土台として一番大切にしているのは人と本気で向き合うということなんです。
採用という観点で溝口さんや御社が9 Heartsそのものを実践いただいていることは嬉しいことですし、弊社としては有難いことだと思っています。

溝口:9 Heartsは御社の思いが詰まっているものなので深く理解しています。御社にフィットするしないも感覚的にわかりますし、ご紹介する人には必ず9 Heartsを伝えるようにしています。

前川:「お客様の感動が第一」というサービス事業者としての大前提のもと、この9 Heartsの最大メッセージは「チームで闘う」ということです。弊社は独りよがりスーパーマンを集めたいわけじゃない。チームで成果を出していきたいと。
弊社の事業は市場そのものがなかったし、先例にできるものがないので、当然失敗もします。進める中でうまくいかないことは当然折り込み済みなので、どんな状況でも楽しいと思える仲間と一緒にやっていきたいんです。

だからこそ、採用は仲間探しなんです。この価値観に合わない方はどこかで絶対きつくなる。エアークローゼットで働く以上は、やりがいを持って働いて欲しい。個人的には候補者とのお会いする時間は当方から一方的に採否を下すためのジャッジの場ではないと思っています。候補者に本気で向き合って、お互いの価値観をぶつけてディスカッションする時間ですね。

企業・人に本気で向き合うということ

溝口:弊社では「企業に本気で向き合う」「人に本気で向き合う」ことはとても大事にしています。
初めて前川さんにお会いさせていただいた時、「僕たち深い部分似ていますよね」と話したのを鮮明に覚えています。根っこの価値観が似ているから、「相性がいいな」と素直に感じました。

前川:はい。だからこそ「リード・イノベーションという企業に興味がある人は、エアークローゼットにも紹介してください」と溝口さんに言いました。
御社はコーチングやフレームワークで人を冷静に分析する一方で、すごくウェットに人とのコミュニケーションを取りますよね。

私たちもファッションテック・ITの会社なので似ています。基本的にビジネスに対するスタンスはプロフェッショナルに、ロジカルに、データドリブンにやっていく。でも同時にアナログな要素は大切で、論理だけでビジネスや組織は成り立たないこと知っています。そこに人生を賭けて動いてくれてるメンバーの気持ちが充実して、日々心踊るようにここにいてくれているか。
それが大事だと思っています。

溝口:似たもの同士だからこそ、引き続き御社のお力になりたいと思っていますのでご期待ください!
最後に、弊社に期待することを教えてください。

前川:エアークローゼットは、ただいま変化の真っ只中です。
フェーズが進むと、戦略/事業、やるべきことっていうのはどんどん変わっていくんだと思っています。
溝口さんには今後も変わらず我々の戦略・事業の変化を本質的に捉えていただいて、変わるべきところとそうでないところを、共通の価値観として持ちつつ、より適切な候補者の方とのお引き合わせを“チーム”としてお願いしたいです。

株式会社エアークローゼット (airCloset, Inc.)

日本初・国内最大級、女性向けの月額制ファッションレンタル『airCloset(エアークローゼット)』をメインとするプロのスタイリストによるパーソナルスタイリングサービスの運営会社。その他、実店舗の『airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)』、自宅完結型の新しい購買体験をしていただける『airCloset Fitting(エアクロフィッティング)』で、全国の女性のライフスタイルに寄り添うファッションとの新しい出会い体験をご提案し続けています。2020年4月にはメーカー公認月額制レンタルモール『airCloset Mall(エアクロモール)』でファッション以外の分野でも事業展開をスタート。
https://corp.air-closet.com/

取締役副社長 兼 COO 前川 祐介
取締役副社長 兼 COO 前川 祐介

早稲田大学・一橋大学大学院にて行政学/公共政策を学び、コンサルティングファームに入社。IT・戦略コンサルタントとして、主にパブリックセクターの業務改善支援プロジェクトに従事。2012年に楽天株式会社に入社。海外13拠点へのサポートグループのメンバーとして組織内オペレーションの強化・改善プロジェクトに参画。2013年に独立し、地域課題解決型NPO法人、政策事務所等でのアドバイザリー業務を兼任しながら、2014年、仲間と共に“新しいライフスタイルを作る“を理念に株式会社ノイエジーク(現エアークローゼット)を設立。
趣味は子育てと将棋(居飛車党)、民族楽器収集・演奏(たて笛専門)、魚釣り

2020年10月 聞き手:執行役員 / エージェント事業部長 溝口 孝史