MISSION
全てのチームを史上最高に。
私たちは「人・組織・チーム」を組織の成長により目標達成するサポートを「コーチング・コンサルティング」によって行います。史上最高のチームをつくることでイノベーションを導く存在となります。

[社名の由来]
LEAD INNOVATION=イノベーションを先導する。
イノベーションは私たちのあたり前の中にあります。
あたり前のことを、あたり前に行うことがイノベーションの第一歩。
私たちは、その変革をサポートいたします。
COACH
代表取締役
執行役員
執行役員
ブランディング・プロデューサー
アナウンサー
代表取締役 礒谷 幸始
新卒でIBMに入社し営業としての基礎を学ぶ。セールスマネージャーとしてマネジメントを学びながら、人や組織を成長させる事に興味をもつ。その後人事として、エンターテイメント企業、東証1部飲食チェーン企業の人財開発部門のGMを務め、共に採用難易度の高い業界で次々と採用成功させる。

立命館大学時代アメリカンフットボール部の主将として関西リーグ制覇、大学選手権で優勝し、その後日本選手権で勝利し大学史上初の日本一を達成。社会人リーグでもIBM Bigblueでプレーをし、初年度入替戦チームを3年後にリーグ優勝を果たすチームに成長させる。クライアントのチームを爆発的に成長させ、今までの限界を超えた成果を出す「すごい会議」のマネジメントコーチングはまさに運命の出逢いである。

自社の経営は“自由経営”。休みは自分で決める。出勤義務無し。給与は自分で提案というまさに自走型経営にチャレンジ中。
執行役員 岡田 諭志
大学卒業後、大手企業からベンチャー企業までを対象にした採用コンサルティング会社でセールス・コンサルタントとして従事し、人や組織の成長に強く興味を持ったため、人事コンサルティング会社のコンサルタントに転身する。そこで、キャリアカウンセリング事業、人材紹介・派遣事業、新人教育等の新規事業の立ち上げ、3事業の責任者として従事する。

その後、Global Smileを立ち上げ、人事・採用コンサルティング及びアウトソーサーとして、お客様に寄り添った支援にこだわり、リピート率100%を実現する。

人・組織という観点だけではなく、経営にも大きな違いを起こすサポートができる「すごい会議」のコーチとなる現在、クライアントの成長にコミットし、チームそして一人ひとりが今までにない成果を起こすサポートをユニークに且つ情熱的に行なっている。

資格:CDA(キャリアデベロップメントアドバイザー)

スポーツ実績:ソフトボール(高校時代、16年ぶりにチームを全国大会に主将として導く、大阪選抜主将)
執行役員 溝口 孝史
新卒で富士通株式会社へ入社。
主に全社営業改革プロジェクトに従事し、営業プロセス設計・システム企画・マネジメント変革・制度設計などを通じて3,000人の営業に対して施策を展開。慶應義塾大学大学院へ進学。
卒業後、人材開発・組織開発を専門とするコンサル会社でプロデューサーとして外部からクライアントの戦略・人材・組織に関する問題解決支援を行う。
株式会社Salesforce.comでは人材開発部門にてクラウド事業ならではの高い生産性を追求するハイスピードの営業開発施策を100名の事業部に対して実践。

キャリアを通じて常にブレずに心掛けているのは
“クライアントにとって、どのように支援すれば最高の人材・組織を創ることができるのか?”
ということ。
企業変革は外部からではなく、内部から引き起こすものとの考えており、 内部から変革を起こす仕組み・仕掛けを創っていくべきという強い想いを持つ。また、サポートした人が成長のブレイクスルーを起こすことが、最もやりがいを感じる瞬間である。
ブランディング・プロデューサー 寺前 大輔
広告代理店のアサツーディケイ、外資系企業のマッキャンエリクソン(IPGメディアブランズ、世界広告代理店ランキング 4位 )でアカウント・ディレクターとして 約10年間勤務。300を超える統合型コミニュケーションの企画立案、プロジェクトマネジメントに従事。

・ブランドのKPIは、とりあえず認知と好意度で、、、横行するなんちゃってKPI
・人が動くためにメディアを提案することは、時にクライアントのためにならない時がある
・最高のアイデアはクライアントから出てくる。

「人が動く最高のアイデアは、史上最高のチーム作りと密接に関係している」
広告代理店の“提案を受け、その中の選択肢から判断を仰ぐ”のではなく、並走型のソリューションであるコーチングという手法を通じて、 貴社の「これがいい!」「明確なKPI」「最高のチーム」作りをサポートします。
「あーなるほどーそういう考えもあるかー」という着想を。
わたしにとってコーチングが、金魚鉢の外だったように、きっと答えは、自身の中にあります。


受賞歴
JAAA (一般社団法人 日本広告業協会)メディア・メディアプランニング部門 懸賞論文 受賞「メディアプランの骨太なKPIが広告を救う」
株式会社 宣伝会議 主催「販促会議コンペティション 2017 」協賛企業賞
Campaign Asia (広告・クリエイティブのグローバルに展開する媒体) Media Works X Winner その他多数
アナウンサー 原 綾香
大学卒業後、NHK秋田放送局にアナウンサーとして入局。
メイン担当のスポーツから、気象、地域振興、政治まで多岐にわたり取材。

“ネタは自らの足で稼ぐ”をモットーに
オリンピック選手や経営者ら、各界の“トップ”にインタビューを重ねる。そこで気がついたのは成果を出す人は扱う“言葉”が実現していくということ。

その後、テレビ山梨(TBS系列)でアナウンサーを勤める。山梨では地元の方々に愛され、沢山の方の夢や想いをメディアを通して伝える。その後言葉を届け、目の前の人の行動変革を起こすコーチング業に興味を持ち、リード・イノベーションにjoin。

「言葉で世界は変わる」を信じてやまない“元女子アナ”が、あなたを別世界へと誘います。
SERVICE
『どのようにすれば、私たちは史上最高の、熱い!強い!イケてる!チームを創れるだろうか?』
経営者にとって永遠の課題であるパワフルなチームを経営チームと私たちで一緒に創りあげ、一見不可能な事を可能とする未来を創造いたします。
マネジメントコーチング
厳しい経済環境下、衰退する(敗北)企業と成長し続ける(勝利)企業は何が違うのか。 突き抜ける企業になるために必要なことはなにか。その解決策のひとつが、会議の効率を上げること。そして、それをきっかけに経営チームが覚悟することです。リーダーが向かいたい方向を示し、メンバーの情熱を一段上げる。経営の手段には主に「聞く」、「話す」、「書く」、そして「読む」があります。それは、会議室や日々の業務で行われます。その手段をより効率的にすると燃費が爆発的にあがり、業績があがることを目の当たりにします。世界的に唯一、会議にフォーカスを当てたコーチング集団のサポートで、その世界をすごい会議®で実現いたします。

事業承継サポートサービス
先代の社長の想い。次世代社長の志。この2つの想いを大切に、どんな世界を目指しどんな問題を解決していくのかを明らかにしていきます。その想いをインタビューするミーティングを実施し、問題を解決していく構造を手に入れます。具体的には以下の想いを手に入れるサポートを致します。
・次世代に変わる前にラストスパートをやりきりたい
・次世代と期待を合意したい
・次世代チームへと継承し、今迄との違いを明確に創りたい
・次世代チームとして生まれ変わりたい
・次期社長(経営チーム)が急成長したい

イノベーション・リクルーティング
『守り』から『攻め』の採用へ。
本当に欲しい人材を採用出来るチームへと進化する。私たちが目指す世界は、いわゆる外部コンサルタントとしてクリエイティブなアウトプットを出すことではありません。それはなぜか。代表礒谷の東証1部企業での人事部長としての経験から、企業にとって本当に価値があることは内部から出来るようになることだと考えるからです。私たちは、誰を人財開発の担当者に抜擢するかをクライアント企業の代表者と決めるところから、ブランディング、採用戦略立案からクロージングまでのノウハウをインストールします。また、コーチングによる爆発的な成長を遂げるサポートを行います。外部コンサルタント以上の人事マンになっていただくことが目的です。

ブランディング・PRコンサルティング

『社員一人ひとりがブランド・会社を愛し熱狂し、自ら発信し続ける組織をつくる。』
広告代理店の提案の選択肢の中から「これでいいかな」ではなく、社内のメンバーが「これがいい!」とアイデアが生まれ、実行される世界を作ります。 メディアの多様化、消費者ニーズの細分化、プロダクトのコモディティ化による経済環境の変化に対して、ブランディングの価値を継続的に高め維持するには「属人的なスキル」をいかに「組織」とセットで改善できるかが問われています。 私たちが作る世界は、アウトプットそのものではなく、プロセスにおいて社員一人ひとりが自分事として愛せる目標を作り、効果的なプロセスチェンジが起きる組織を作る仕組み作りにプロフェッショリティを持っています。 誰をPR、マーケティングの担当者に抜擢するかをクライアント企業の代表者と決めるところから、ブランディング、戦略立案から情報発信、リレーションの構築のノウハウをインストールします。また、コーチングによる爆発的な成長を遂げるサポートを行います。
RESULTS
人材会社 紹介数昨年対比300%以上達成!
不動産会社昨年対比163%達成!
高級車ディーラー 創業42年の歴史をぬりかえる史上最高決算記録達成
昨年新卒0人採用が今年4人採用し、目標達成!
IT企業の社長が言うには、導入後マネージャー陣が「仕事が楽しくなった」と言っている。
人材紹介会社営業が言うには、私はセッション後落ちこぼれ社員からトップセールスになった。
CASE

マネジメントコーチング

事業承継

Innovation Recruiting


NTT東日本様、プラス株式会社様、ソフトバンクグループ様、びっくりドンキー様
その他 飲食企業・人材会社・運輸会社・ウェディングレストラン企業、スポーツメーカー・建設・施工会社・不動産・パン屋・商社・デンタルクリニック・IT(ソフトバンクグループ)・ものづくりメーカー・着物販売レンタル会社
RECRUIT
クライアントのCEOよりクライアントの成功にコミットする方のみ募集。
クライアントのCEOよりクライアントの成功にコミットする方のみ募集。
コンサルティング会社の多くはコンサルティングの領域を超えてサービス提供が出来ません。
しかし、私たちはコーチングを提供するコンサルタントです。私たちの成果指標はクライアントのCEOとコーチとの合意で決まります。
だからこそ私たちの仕事は会議を効果的にするだけではありません。クライアントが創り上げたい組織、手にしたい成果を達成させる事が全てです。CEOと共に笑い、CEOと共に泣く。自分が出来る事は何か?どのようにすればクライアントに120%のインパクトが起きるか?それを妥協なくやりきる事が私たちの使命です。

RECRUITING「採用」→ EDUCATION「教育」
のサポートはもちろん、
STRATEGY「戦略」→ FIND THE ISSUE「問題発見」→ SOLUTION「解決策」→ PLANNING「計画」→ COMMITMENT「約束事」→ EXCUSION「遂行」の全てのビジネスプロセスがうまくいくサポートを行います。

弊社はサラリーマンは必要ありません。
プロフェッショナルが必要です。

人が好きで人の成長分野に興味がある。
人生自分次第!家族も大事にしたい!
と頭に浮かんだ貴方。
是非一度お話しましょう。
私がそうであったように、世界が変わります。
求める人物像
ご経験やスキル等
・学生時代、あるいは社会人時代、強豪チームを世界一や日本一にした事のあるリーダーの方
・事業会社の役員、人事部長クラス、あるいは人材業界で成功している方
・現在コンサルタントとして活躍しているが、今以上に成功したい方
・今すぐミーティングをリクエスト出来るCEOが10人以上いる方
・自分の周りにお世話になっている尊敬出来る素晴らしいビジネスマンが10人以上いる方
※特に新卒や20代30代の場合、上記のどれも当てはまらない場合であっても、それを超えるエネルギーと論理的根拠があれば 是非一度お逢いしましょう。

スタンス
・圧倒的な成長環境を自らの意志で手に入れたい方
・ご自身だけでなく、奥様やお子様を必ず幸せにしたいと本気で考えている方(将来的にでもOKです)
・将来的に年間休日180日で年収1億円以上稼ぎたい方(それは貴方次第)

NEWS
2018.02.23 Fri
弊社リード・イノベーションは2月23日より
リード・イノベーション・エグゼクティブ・アトリエ
LEAD INNOVATION EXECUTIVE ATELIERを東京都中央区日本橋にオープン致しました。
ここでは、優秀なビジネスマンが将来エグゼクティブになるための学びとイノベーションの機会を御提供して行く予定です。

2018.01.01 Mon
弊社代表 礒谷が一般社団法人すごい会議 黒帯、理事に就任。
https://www.sugoikaigi.jp
2017.12.23 Sat
2017年のJAZZ Challenge
2017.07.30 Sun
2017年のironman challenge
2017年 TOM KELLY Session & ironman challenge
自身3度目のironman完走!今回はサンタローサ。肉離れしても痛いは解釈。
2017.05.02 Tue
弊社代表のインタビューが「社長のカバン持ち」に掲載されました。
2017.04.03 Mon
~東京・丸の内への移転のお知らせ~
弊社株式会社リード・イノベーションは・丸の内に本社を移転致しました。丸の内に は日本で最も気が良いと言われているためです。クライアントの皆様とのミーティングやセッションなどでご利用可能です。是非ともお近くに来られましたら遊びにいらしてください。社員共々お待ち申し上げております。(オフィスの写真はこちら)
引き続き、史上最高のチーム創り、リード・イノベーションをよろしくお願いします。
代表取締役 礒谷
2016.12.19 Mon
早稲田大学アメリカンフットボール部様の大学選手権特集でNHKサンデースポーツに取り上げていただきました。
2016.07.31 Sun
2016年の ironman Challenge
2016年7月31日 オランダのマーストリヒト。自身2度目となるironmanチャレンジ。
2016.04.11 Mon
経営者通信Online」に掲載いただきました。
2016.01.25 Mon
コーポレートサイトが完成しました。
2015.11.09 Mon
株式会社リード・イノベーションを設立しました。
2015.08.02 Sun
2015年の ironman Challenge
もっとも過酷のアイアンマンと名付けられたロングディスタンスのレースに初出場し完走しました。
MEDIA
ACCESS
磯谷幸始の挑戦

2015年8月2日アメリカのBoulder

トライアスロンのトレーニングを始めて8ヶ月。
もっとも過酷のアイアンマンと名付けられたロングディスタンスのレースに初出場し完走しました。
Swim3.8km、Bike180km、Run42.195kmを13時間44分で走り抜けました。
仕事の合間にコーチングを受け、トレーニングを積み重ね、一見実現不可能な事も可能にする事が出来ました。

このチャレンジにより以下のことを得ました。
・問題にぶつかったときは、「どのようにすれば?」という疑問文をつくり問題解決のフォーマットを行なうとかなり効果的
・自分で全てやるのではなく、その道のコーチをつけた方が成果が早く手に入る
・家族や仲間がいる事でプロセスも結果も充実したものになる
・骨折しててもアイアンマンは完走できる

まさに私たちが提供する問題解決の構造そのものです。
これからもクライアントへ価値貢献のため、私たちは自身のチャレンジを重ねて参ります。


2016年7月31日 オランダのマーストリヒト

自身2度目となるironmanチャレンジ。
今回は初めてのヨーロッパ開催のレース。

1週間前に入り、すごい会議コーチたちとのセッションとトレーニングを行いました。
ここで経営者として成長できる機会となりました。幾つかのビジネスアイディアが生まれ、選択と集中の中でLead Innovation Club設立のシーズが生まれたのです。好きなことを仕事にしたい。 改めて私は20代の若手の面倒を見るのが好きなんだなぁと思いました。

ironmanレースの方はというと、
Swimはマース川を3.8km
Bikeはオランダとベルギーを181km
Runは街中を42.195km
天候は曇り時々雨。
Bikeの途中では俗に言う土砂降りです。
ヨーロッパのBileコースは90度カーブ、下りからのヘアピンカーブ、石畳、テクニカルなコースでした。

このレースでどのようにすれば180kmをBikeで6hをきれるだろうか?という疑問文の問題解決をしました。
攻めた結果90kmの周回2週目の登りで足をつり上り坂途中で足が残らなくなるという状態に・・・。Bikeも本当にきつかったですが、自分より一回り以上上の先輩OHNOさんのBikeに乗りながらSmileを浮かべる姿に勇気をもらいました。
また、土砂降りで寒いし、落車し血だらけで怪我している人が周りにはゴロゴロいるすごい光景でした。


最後のRunになんとか辿りつくも10kmの周回2周目眠気に襲われることになります。 走る?歩く?休む?悩んでいる時に、仲間のHATAさんが後ろから追いついて迫ってくる、Runですれ違うクライアント社長NAGAIさん、同期入門のライバルTAKAMORIちゃん、 女性アンアンウーマンのYUKIKOさんとすれ違い、力をもらい、最後の力を振り絞り、なんとか薄暗くなり始めた時間にGoalすることができました。
トータル13時間35分51秒で前回から9分タイムを縮めることができました。
仲間達の中ではYUKIさんに次ぐ2位フィニッシュ!仲間やご家族の応援が本当に本当に力になりました。

Swim (1:15:07)
Bike (6:45:56)
Run (5:15:20)
TTL 13:35:51


今回のチャレンジで得たことは
・仲間がいるからなんどもくじけそうになっても頑張れる(経営と同じ!)
・チャレンジしたことで守ったレース展開より気持ちがいい!(仕事でもチャレンジしていこうと心に誓った)
・練習がものをいう(私達の提供するH.P.O.Sも繰り返しとフィードバックが重要)
です。
共にチャレンジする人生にしましょう。

今回のチャレンジの機会をいただけた皆様 Special thanks!
夏は恒例ともなったironman race
今年はカリフォルニア州のsanta rosa.とても可愛い街でスヌーピーの街とも言われております。 今年はこの街で世界的コンサルティングファーム、IDEOのCEOでもあるトムケリー(TOM KELLY)のSessionを受けました。
Design Thinkingがテーマ。世界的経営者からの学びの機会は唯一無二そのものでした。
彼が組織創りにおいて重要視しているポイントは"CULTURE"それ以来、企業の文化そのものを創るセッションをつくったり、自社の文化そのものをRecreateした。
自社の採用に関しては、入社前にこの文化に関する合意を得るというプロセスを経ました。
おかげで現在のメンバーは全員自社の文化が大好きです。


さて、ironmanはというと、今年は調整ミスしました。
レース開始1.5h前AM4:30頃バイクチェックイン場所でおにぎり2つ、バナナ2本、ウィダーインゼリー1本、羊羹1つとを食べてお腹いっぱい。 気温10度くらいで薄着だったこともあり身体も冷えました。お腹いっぱいと寒さがSwim中に裏目に出ます。
貯水湖は水温が高く、途中でリバース!それ以来BIKE90km地点くらいまで体温調節が崩れ体調不良に。。。汗
その後回復しRun パートで気分良く5min/km強で走ってました。
このまま自己最高記録が出る!と思ってた時、やってしまいました。
ピキッ!はい。お尻の肉離れ。。。ironman raceはそう簡単に完走させてくれない。
しばらく歩行も限界・・・。エイドステーションで氷を3杯パンツの中に入れ15分足を引きずり歩く。
このまま歩き続ける?それとも走れるだけ走る?
何度も自分に話しかけ、最後は痛み止めに頼って、なんとかGOAL!
Your are an Ironman!
心に染みる人生3度目のアナウンス

トータル:13:38:16
swim 1:29:40
bike 6:21:16
2017年1月「一見不可能なことを可能とし、問題解決を楽しむ組織を創ること」
そんなテーマが生まれ、私たち自身も何か一見不可能に見えることにチャレンジしようということで、
一度もチャレンジしたことのないJAZZ BAND。
KGIは12月の家族感謝祭で披露し、家族が涙を流す。
当時は四分音符もわからない、右指と左指が別に動かせない。
ある時は朝6時からのスタジオ練習。ある時は深夜23時からのスタジオ練習。
京都でも、ホノルルでも、楽器持参し練習しました。
ちなみに、今も音符も読めない私たちが1年間コーチをつけてテーマ曲”ANNIEのTOMORROW”を披露しました。
結果会場全体が大盛り上がり。
なんとコーチ票は第2位を取得!

このチャレンジで手に入れたことは
・モチベーションと成果は必ずしも比例しない
(成果が上がる構造を作ることが重要)
・ある程度の成果までは一定量の大量行動が必要
・コーチとの関係性がKEY
(コーチのサポートの在り方でこちら側のやる気も変わる)

当日の動画はこちら。1年の素人バンド是非ご覧ください。



https://www.youtube.com/watch?v=N1-I5NbFOj0&feature=youtu.be&app=desktop


■内容紹介
本書では、上位5%で辞めない学生と、「どう出逢い、どう見極め、どのようにして採用するのか?」について書いてきました。しかし、実は採用だけではこの問題はまったく解決しません。
「そもそも上位5%の人が入りたい会社であるか?」「新入社員が、入社後もこの会社と関わり続けたい文化であり、組織であり、仕事であるか?」「その環境や機会をどう経営として創り上げられるのか?」
これらのほうが、むしろ解決すべき美味しい問題です。採用をきっかけに、経営や組織に関する問題解決を同時に行い、すべてのチームが貴社史上最高になるきっかけとなれば幸いです。
■著者紹介
礒谷幸始(いそや・ゆきはる)
株式会社リード・イノベーション 代表取締役
コーチング・コンサルタント

1981年、千葉県生まれ。私立江戸川学園取手高校から立命館大学経営学部へ進学。大学時代はアメリカンフットボール部に所属し、主将としてチームを大学史上初の日本一に導く。

2003年に卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。営業活動をしながら、社会人アメフトXリーグ1部所属IBM BigBlueのキャプテンとして常勝チームへと成長させる。営業マネージャー、アメフトチーム創りの経験から、人や組織を成長させることに興味をもつ。

その後、人事として、エンターテイメント企業、東証1部飲食チェーン企業の人財開発部門のGMを務める。飲食チェーン企業では2年間でエントリー数を5倍以上にするなど、採用難易度の高い業界で次々と採用を成功させる。

大橋禅太郎氏、雨宮幸弘氏との出逢いにより、「すごい会議」の社会的価値に共感。2015年に株式会社リード・イノベーションを設立し、代表取締役に就任。マネジメントコーチングと採用・教育コンサルティングを柱に、『全てのチームを史上最高に。』というミッションを掲げ、経営にインパクトが起きるチーム創りを実践している。世界中のトライアスロン(ironmanレース)に参戦し、3年連続で完走。

■目次抜粋
まえがき
第1章 採用担当者の心構え
第2章 史上最高の採用チームづくり
第3章 私たちの未来を創る最高の母集団形成とは?
第4章 説明会の工夫
第5章 面接の工夫

→Amazon購入ページはこちら

ページトップへ