株式会社東邦運輸 導入事例
シャンテリー
すごい会議から生まれた新たな挑戦
株式会社東邦運輸
中島昭治 専務取締役(以下:中島)
尾辻美香さん(以下:尾)
川幡映実さん(以下:川)
佐々木晴香さん(以下:佐)
得上祐紀さん(以下:得)
中川沙織さん(以下:中川)
すごい会議&礒谷コーチ との出会いは御社に何をもたらしたか
中島:礒谷コーチとの出会いは衝撃的でした。
正直、あの頃の私はどちらかというとぬるま湯に浸かっていた。
でも礒谷コーチは常に答えを求めてきたんです。
経営陣として、答えを出していかなきゃいけない。
礒谷コーチは「いつか」じゃなくて「今決めてください」といコミュニケーションをします。
「答えを出す状況」に私を常に置いてくれました。
経営陣が「いつかやる」と言っていると社員も「いつかやる」と言い、
経営陣がやるって言ったことをやらないと、社員もやらなくなります。
あらゆることを先延ばしにしていく会社になってしまうんですね。
礒谷コーチのサポートのお陰で、期日を切って確実に実行して行くという文化が根付きました。

:正直私は大変でした。
礒谷コーチみたいな「THE・熱血」という感じの人にこれまで会ったことがなかったので(笑)
でも礒谷さんが会社にきたお陰で、これまで自分の中で思っていた
“会社の変えなきゃいけないところ”をテーブルに出してもらえた。そんな気がしています。

中川:礒谷コーチに言われていることで一番印象に残っているのが
“事実”と“解釈”の区別ですね。
これまでは誰かに何かを伝えることが苦手だったんですけれど、
事実は事実として記憶に残して伝えるようにしたら、スムーズに仕事ができるようになりました。
もともとマイナス思考なのですが、それは自分の解釈であると。
その解釈の仕方によって、プラスに変物事を捉えられるようになれば、
また世界は違って見えるんじゃないかと思えるようになったのは大きかったです。
大変なこともあるけれど、今はストレスを感じずに仕事ができています。

:すごい会議って、とても頭を使うんですよね。
そのため会議室にはエネルギー補給のためにお菓子が置いてあるんですが、
それが一番のカルチャーショックでした。
会議の場でお菓子があるんだ!!と(笑)でもテンションは上がりましたよ。
テンション上がる会議って大事だなって思います。
それと“成果指標”も衝撃的でした。
成果指標はコミットメントに対して、何でそれを成し遂げたかを図る指標なのですが、
簡単に言うとスタートとゴールを一緒に決めて行くんです。

:限られた時間でどれだけ成果にこだわるか。
礒谷コーチは、成果へのこだわりがすごいですよね。

:これまではやることは決まるけど、やりっぱなしだった。
結果どうなったかはわかっていなかったんですね。
でもゴールを決めることによって、やれたのかやれなかったのか、やらなかったのかハッキリわかります。
何事にも期日とゴールを設ける、これは段々と社内に浸透しているんじゃないですか。

   川幡映実さん
すごい会議の後に始まった新事業がもたらしたもの
   中川沙織さん
中島:保育事業を始めました。
すごい会議のサポートが終わった後、2017年の2月ぐらいにセミナーに行って
「こんなのあるんだ〜」って思ったのがきっかけです。
なぜ興味を持ったのかというと、礒谷コーチがサポート中に
「社員が感謝されることが少ないという問題」をテーブルに上げてくれたからです。
「社内から“ありがとう”が聞こえてこない。これは寂しいですね」と。
「確かにそうだな」と思いました。
そもそもうちの会社は運送業社です。
トラックで物を運ぶ仕事が9割で、時間通りに届けることが当たり前。
「ありがとう」と言われることはほとんどありません。
だから率直に「ありがとう」が飛び交う事業をやりたかった。
今は待機児童の問題があります。
子供を預けたくても預けられないお母さんや、行政の人から「ありがとう」をいただけるのではないか、と。
また将来的に、社員が結婚して、出産して子供を預けられるところがあると、
働きやすいと思いますし、事業として成功したら、一つの収益の柱になる。
長時間労働が問題となる今、我々としてもそこは気を使っているところです。
会社として今後も存在していくには、運送業に加えて何か新事業が必要だと思っていました。
事業として成り立ち、従業員やその家族の未来を支え続け、
保護者や行政からの「ありがとう」が溢れれば、
自然と従業員たちもやりがいを感じるのではないかという思いから保育事業を始めました。

:周りの反応は?

中島:正直、「また何かやっているな」っていう波紋があったのは事実です。
しかしその中でも新たな気づきを得て、行動にうつるものもいました。
そういう従業員がいてホッとした部分はあります。
乗り気でなかった者を責めるつもりは一切ありません。
保育事業をなぜやるのか、をうまく伝えられていなかった経営側の責任です。
結果として「保育事業を始めて良かったよね」という風にしていく。
それが今の私の仕事だと思っています。

:正直言って最初はとてもびっくりしました。
全然違う業種でしたし、これまでずっと運送業だったので「なんで!?」というは思いました
でもやると決まったからには「盛り上がるようにやろう」と、気持ちの切り替えは割と早い段階でできたと思います。

中川:私も最初に聞いたときは、あまりいい印象はありませんでした。
新しいことというのは、基本的に社員全員に納得してもらえているものではない、と。
でもやるからには結果を残したい、やるからには全力尽くしたいなと思いはありました。

:東邦運輸は運送一本でやっていた会社ですからね。
会社を支えてきてくれたドライバーさんもたくさんいます。そういった会社で保育事業は全然違うじゃないですか。
なので「何でやるの!?」っていう思いを抱えていた人もいたと思いますし、私もそう思っていました。
でも、そのために保育士さんを採用したり、保育施設が出来上がって行くのをみると、
一つの事業として始まってきているんだなという感じはしました。

中川:私はもともと社内の新卒採用を担当していて、
そこで培ったノウハウを「保育士さんの採用に活かして欲しい」ということを
会社から明確に言ってもらえたので、自分のやるべきことが見えて、モチベーションが上がりました。

:どんな保育園にしていきたい?

:絶対成功させて運送業超えるくらいの事業にしていきたいと思っています。
これまでは体制や施設を整えることにフォーカスしていたんですが、今は園児を呼び込む段階にきています。
たくさんの園児の笑顔で溢れる園にするには“魅力的な園”して、
それを知ってもらう必要があります。
保護者の方に「東邦運輸が運営する園だからこそ我が子を預けたい」と思ってもらえる園になることですよね。

:具体的にどんな園?

:“手ぶらで来られる保育園”にするのが理想です。
なぜなら自分も働きながら子育てをして、すごく大変でストレスに感じることも多かったんですね。
「オムツ準備しなきゃ〜」とか、「着替え持たせなきゃ〜」とか。
でも“手ぶらで来られる保育園”にしてしまえば、お母さんは自分の準備だけで済みます。
赤ちゃんだけ抱っこしてベビーカーに乗せて来るだけでいいんです。
あと迎えにきた時にお母さんがちょっと休める「カフェスペース」も作りたいですね。
これは私の経験ですがお母さんは、仕事中は仕事に追われ、帰ったら家庭に追われるんです。
だから迎えにきた時ちょっとお茶が飲めるような空間があれば、
リラックスできるんじゃないかと。
自分が子育てしていた時に「こんなのあったらいいな〜」と思っていたので、
自分が当時求めていたものを現役のお母さんたちに還元していきたいです。
   尾辻美香さん
これからも地域を支える東邦運輸であり続ける
中島:地域密着の会社でありたいと思っています。
ここで働いてくれている人たちが、「家族のために頑張ろう」「地域のために頑張ろう」と、
働いていることに誇りを持ってもらえるような東邦運輸であり続けたい。
そして、自分たちだけではなく地域の人からも
「あー東邦さん知ってる!知ってる!みんな笑顔でいいよね、あの会社」と
言われるようになるのが理想であり、私たちがなる姿です。
規模や売り上げではなく大事なのは中身。
本業の物流をベースとしながらも、「地域の人のため」に色々なことにチャレンジする東邦運輸であり続けます。
“とりあえずやってみる”。これがすごい会議と礒谷コーチからもらった最大のプレゼントかもしれませんね。
【インタビュー・構成】 原 綾香

ページトップへ