株式会社 BRILLIANT COMPANY 導入事例
株式会社BRILLIANT COMPANY
事業承継での企業変革をすごい会議で
株式会社 BRILLIANT COMPANY
代表取締役 永井祐介
Innovation Recruiting導入の意図は?
永井:ある日、採用で困っていた時に礒谷コーチのアセスメントを受けました。その時に色々壊れているということが判明しました。人を増やしたいという漠然とした思いはありましたが、なぜ必要か?どんな人を採用したいか?なぜその人は弊社に来るのか?など、明確に答えることができないことに気づいたのです。 僕は採用に関して全く経験がないのですが、礒谷コーチは採用に関して事業会社での経験が7年くらいあります。色々な人に会っているし、具体的なやり方を知っている強みがあったのでこれは手伝ってもらおうと思いました。
どんなセッションだったか?
永井:最初のセッションでは会社のミッションは何かを再定義しました。 「なぜそもそも仕事しているのか?」「なぜこの人生生きているのか?」を深堀りするセッションです。僕もそうですが、メンバーもなぜ生きているのか?なぜ今の仕事をしているのか?なぜ一緒にやっているのか?「WHYセッション」と当時は言っていました。なぜ?を扱うことで、なんで人を採用したいのか?が明らかになってきました。
なぜ仲間を採用するのか?
永井:私たちの使命は、『目の前の人をブリリアントする。そして世界をブリリアントにする』という結論になりました。目の前の人を輝かせたいという考えにどんどんなっていきました。その目の前の人をブリリアントするっていうことを、より多くの人に届けたい。拡大していくにはそういう仲間が必要だよねと。そういうミッションが出来上がり、いま、会社のミッションステートメントになっています。よく、会社のホームページとかにミッションステートメントって書いてあるじゃないですか。それが僕らにとって中身がり、実のあるものができたという感じですかね。

そのあとに、事業ドメインをどうしていきたいか。ミッションが見つかった後に、次にビジョンですよね。この先、この会社をどんな風に発展させていきたいのか。じゃあ、それぞれのメンバーが今後どのような事業をやっていきたいのか。いわゆる、ミッションとビジョンですね。これがミッションを軸に作っているからいいです。儲かるからこういう事業やろうぜとか、今世の中こうだからの事業やったほうがいいのだとか。そういう事業ドメインの作り方ではなくて、それぞれの人がコアでやりたいことを実現するための事業展開なので、使命感がある。
"自分の人生をなんで生きているのか"に繋がっているからです。

ブリリアントな在り方とはなにか?
永井:実感がある事業展開の図が描けました。
新しメンバーが来た時も、ここから始まります。
“なぜこの人生を生きているのですか?”この問いから始まるので、僕はこういう世界感が作りたいです、なら一緒にやろうよ、一緒だからっていう。人生レベルで共感しあう仲間が集まるようになった。そして、そこがぼやっとしている人は断るようになりました。
昔は、人を増やしたいから、応募者に対して、とにかく一緒にやっていこうってなっていました(笑)

今は採用する人物像が明確になったので、断る境界がはっきりました。すると、会社の雰囲気もかわりますよね。すごく結束感が高いです。ビジネスで繋がっているのではなくて、ミッションで繋がっているので。求める人物像を明確にしていくうちに、求める基準値が上がりました。こっちが選ぶようになったってことですかね。
ブリリアントな在り方とはなにか。目の前の人をブリリアントにするブリリアントとは何か?この質問をいつもしています。
次にバリューを作りました。我々の軸となるものってなんなのって。プロフェッショナルであることとか、エンターテイナーであることとか、というやつですね。ブリリアントというもはこういうものだよね、と明確に定義したのでよりそれに沿った人を採用しようっていう風になりましたね。
セッションで出た成果とは?
永井:4つあります。
1つ目は未来の組織と進めていく4つの事業領域とプロダクトが創られました。
代表的なひとつはカスタマーサクセスの事業です。私たちの中心はお客様の成功を作るチームであるという共通の価値観から生まれました。顧客の成功とは何か?を定義したら、幹部が変わるとか。組織の生産性が上がるとか。会話が変わるとか。それで業績が上がると。その成功をもたらすための自分であるという。こういうチームの在り方を手に入れたので、より事業がやりたい事業が明確だし、ビジョンもバリューも明確、それに共感できる人たちを採用します。
他の事業の拡大の仕方も、それぞれ子会社化して、会社の社長やってよって話をして、あとは任せたって。だから、任せられる人を採用します。ホールディングスカンパニーみたいな感じですね。事業に関して、採用に関してコアが明確になり、ぶれなくなりました。

2つ目インパクター開発*です。
私はもともとエンジニアで、コミュニケーションが苦手でした。しかし、セッションやるたびに語るっていうのを毎回やりました。その場でロープレします。全員からフィードバックをもらいます。インパクトあるプレゼンをするって重要だと気がつきました。やるたびに自分がアップグレードしていきます。セッション初めて半年、すごい会議コーチが30人くらい集まる前で、我が社のビジョンはこうですよってプレゼンした際、インパクトある内容になりました。
もともとインパクターの人はまた違う能力の開発を求められるだろうし、採用イコールプレゼン力だったりするので、プレゼン力も高まりました。個々の能力開発もしていただいたというのが礒谷さんのいいところ。他のコンサルトと違うのは、プレゼンテーションの開発、個々の能力の開発もできるところです。
(注)*インパクターとは、会話やプレゼンテーションによって、相手にインパクトを伝えられる人のことです。どのようにすれば人に影響力を与えられるインパクターになれるだろうか?の問題解決をするのがインパクター開発です。

3つ目はすごい会議の黒帯になれたことです。
これは何よりもの副産物でした。一時は黒帯コーチになるにはどうしたらいいか?と当時の黒帯メンバーから会うたびにフィードバックをもらっていた。しかし、採用セッションを進める上で、ビジネスが楽しくなってきて、開き直って結果で表現しようと想うように変化した。結果的に黒帯になれました。礒谷コーチは私たちの成功にコミットしてくれました。

そして、最後は何と言ってもブリリアントの仲間たちです。
新しく2名の仲間を中途採用をしました。すごい会議コーチとIT人材。そして前からいる仲間コーチも含めた絆が強くなったと思います。本当に人生の宝物です。
この採用セッションはどんな経営者にお勧めか?
永井:自分の右腕となる幹部を採用したい経営者ですかね。経営者を採用したい経営者。多方面で事業成長したい経営者がいいです。誰でもいいわけじゃないので。優秀な人っていうのは経営者感覚をもった、経営を託せるかもしれないと思える人、トップに立たせたいと思える人を採用したい経営者にオススメです。 私の成し遂げたい世界を明確にして、目の前のクライアントである私を本気で勝たせてくれようとするので、とても心強いです。

ページトップへ